どうなる?私の一口馬主放浪記

本ブログの画像や情報は東京TC、G1サラブレッドクラブ、ロードTO、ノルマンディーOC、グリーンF愛馬会、シルクHCの同意をえて掲載させていただいております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

東サラの結果

 私のメインクラブである、東京サラブレッドクラブの13年産募集馬の先行募集の結果が本日発表されました。

第一希望で申し込んだキンカメ産駒のプレシャスラバーの13は、満口にならずすんなりと出資が決定しました。育成が社台ではないところが、満口にならなかった理由かと思います。加藤ステーブルの奮起に期待します。

一般で申し込んだディソサードの13が満口抽選になりました。おかげ様で抽選を突破し、出資出来ることになりました。リヴェールの弟に出資出来てホッとしています。
 
 以上の2頭が今年の東サラの出資馬になります。一口馬主3年目にして、メインクラブを牡馬で勝負します。牡馬ではまだ代表馬というか、大将格の仔がいないので、大きく育って欲しいですね。ご一緒の皆さんよろしくお願いします。自分なりに自信をもって申し込みましたので、この結果にとても満足しています。その自分なりにこの2頭を選んだ理由は日を改めて書きたいと思います。
スポンサーサイト
東サラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

残念な結末

 残念ながら、ロードスパークの引退が決まりました。

 自分の初年度出資馬で、ついに勝ち上がることは出来ませんでした。すべての出資馬が勝ち上がって欲しいと応援していましたが、残念です。一口馬主をやっていれば、自分の出資馬には全頭勝ちあがって欲しいと思うものの、素人の自分が選んだ仔の中には勝ち上がれない仔が出てくるのは頭の片隅ではわかっていたつもりでした。でも、実際に引退する仔が出るとやっぱりモヤモヤが残ります。

 どうして勝てなかったのかという点に関しては、いくつかの理由があるでしょう。スタート・二の脚が遅い。馬込みがダメ。スパッと切れる脚がないなどでしょうか。多分に気性的な部分が作用しているようです。これからの選馬において、これはとても重要なファクターであり、出資する際には分かりにくい部分ではありますが、重視したいと思います。
 しかし、7戦して すべて違う騎手で、出走前のコメントも、敗戦の理由のコメントもいつも同じで、未勝利引退って、なんだかなぁ!
ロードスパーク、お疲れ様でした。ありがとうね。決して君の未勝利は無駄にしないからね。
ロードスパーク | コメント:2 | トラックバック:0 |

夏に樹氷とは、ビックリ!

昨日、小倉の2歳未勝利戦に、グリーンの初出資馬のジュヒョウが出走し、見事優勝しました

 毎年、好きだったステイゴールドの仔を1頭は出資しようと決めて、一口馬主2年目の仔として選んだ仔です。グリーン愛馬会に入会を決意させた仔は実はジュヒョウではないのですが、牡馬のステゴ産駒と高野調教師ということで申し込んだ仔です。
 測尺も小さくて、普通なら躊躇してそのうちに満口になって、うん、縁が無かったなで終わるパターンなんですが、ジュヒョウとは深いエニシで結ばれていたようです。まず、グリーンは12年産募集馬だけ、高額馬は400口募集だったこと。2000万以上の仔は400口だったんです。3000万で募集されたジュヒョウは1口75000円だったので、えーいっ、行っちゃえと申し込めたんです。例年通り200口だったら、1口15万円ですから、間違いなく見送っていたはずです。13年産募集は一律200口に戻っていますから、ジュヒョウとは、不思議な縁を感じます。
 もともとのグリーンの入会を決意させた仔は未だに様子見中です。グリーンのホームページを見るのも様子見中の仔を見るためだったので、ジュヒョウが入厩したことに気づかなかったほどです。まだまだ小さくて秋くらいから始動と思いこんでいました。
 いつもこのブログでピンかパーとか言っていた期待薄ながら、赤い糸で結ばれていたジュヒョウが、今年の初勝利をもたらしてくれました。考えてみると、ジュベナイルフィリーズ以来の勝利でした。8カ月ぶりの美酒を夕べ味わいました。

 ジュヒョウはご褒美の放牧に出るそうです。高野先生、厩舎の皆さん、小牧騎手、関係者の皆さん、ありがとうございます。出資者の方々、おめでとうございます。

 残念ながら、ロードスパークは今日惨敗し、瀬戸際に。吉村先生、クラブはどんな決断をするのでしょうか。
グリーン | コメント:4 | トラックバック:0 |

東サラのカタログが来たぁー

今日というか、正確には昨日のお昼前に東サラのカタログが届きました
封筒が分厚いのでちょっとびっくり そしてカタログの豪華さにまたまたビックリ

所用の為、内容をじっくり見たのは夕方からですが、1頭につき、左右見開きで2枚分計4ページの見やすい構成です。見開き1枚目左ページには、募集馬名、募集馬基本情報として、父、母、母の父の名前、牡・牝、毛色、生年月日、生産者、それから予定厩舎、価格、正位の写真。右ページには調教師のコメントとクラブのセールストーク、募集馬の顔写真、このページのタイトルは母&母系解説と書いてあります。見開き2枚目の左ページには、五代血統表と募集馬の前後からの写真。この写真を載せないカタログが結構あるので、自分には有難い写真です。右ページには、ファミリーライン、ブラックタイプと言われる表が載っています。大変見やすいです。

募集馬、どれも良いです ほんとに目移りする。お金があったら、半分位申し込みそうです。また、厩舎も揃えて来ましたね!一流どころから、新進気鋭まで文句無しです。価格も東サラ価格と言える範囲でしょう。ピクシーは別格ですけど、前よりは少し価格の底上げは感じます。リーズナブルな仔が減ったからかな。

今日から、DVD見て、頭数絞らないと 楽しくも悩ましい時期です。

東サラ | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。