どうなる?私の一口馬主放浪記

本ブログの画像や情報は東京TC、G1サラブレッドクラブ、ロードTO、ノルマンディーOC、グリーンF愛馬会、シルクHCの同意をえて掲載させていただいております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

14年度の目標と現在の状況

 また間が空いてしまいましたが、今年の目標と現在の状況を記録しておきます。

 今年の3歳馬
レッドリヴェールは、凱旋門賞を白紙に戻して、秋はローズSから秋華賞へ向かうことが決まっています。夏を充電にあてて、飛躍して欲しいですね。
デルフィーノも夏は立て直しに充て、元気に秋から復帰の予定です。長い休養の後、どれくらい成長しているか、楽しみです。
ロードスパークは、ダートに活路を見出して未勝利脱出を! 相変わらず、スタートと二の脚に難がある現状ですが、上でやれる能力はあると思うので、まず1つ勝って欲しいです。
ゾネブルムは背腰の弱さが転厩後も指摘されている現状では、時間的に手遅れのような気もしますが、その弱点をすぐに見抜いた堀井先生の手腕に託すのみです。背腰に弱点を持つ仔に障害馬はどうかと思います。

 2歳馬
現在いまだ1頭も入厩していません。今年の仔は奥手の仔が多いみたいです。早期デビューが流行りのなか、入厩後に故障を発生して牧場へ戻る事例も多く聞きますので、しっかり身体を造ってデビューしてくれれば良いと前向きに考えています。去年のゾネブルムで見切り発車の怖さを知りましたから。

 1歳馬
社台・サンデー・G1はもう募集が始まりましたが、欲しい仔に手の届く400口クラブはこれからの募集です。東サラ、シルクに期待ですが、良い仔がいれば、キャロも選択肢に加えたいです。キャロとは2年続けて縁が無かったので、今年も新規参入者には思うような仔が獲れる保証は無いけれど、良い仔を求めたいです。

 3歳馬には、一層の飛躍を、そしてしっかり稼いで欲しいです。リヴェール1頭だけでなく、他の仔も良いレースをたくさんして欲しいですね。 2歳馬には一刻も早く1勝して、来年の今頃未勝利の仔がいないのが理想ですね。 



スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年度決算

 競馬の世界の決算はダービーということなので、13年新馬戦が始まった6月1日からダービーの14年6月1日までの1年間を13年度とし、一口馬主1年目の総括を残しておきたいと思う。

 初年度出資馬4頭

 年度代表馬は、当然のレッドリヴェール
この仔のおかげで楽しめた1年と言って過言ではない。この仔がいなかったら、12年産の仔を買うことなく一口から撤退していたかもしれない。6月1日の新馬一番星、豪雨の中の札幌2歳ステークス、ハープスターを抑え込んだジュベナイルフィリーズまでの3連勝、惜しかった桜花賞2着、6月1日の夢を見たダービーまで、丁度1年楽しませてくれた。感謝に堪えません。 ゆっくり休養して、秋には成長した姿を見せて欲しい。

 デルフィーノも頑張った方です。現在ケイアイファームで休養中ですが、良くこれでレースに出ていたと言われるほどボロボロだったそうです。オークスに向けての無理使いが原因でしょうが、クラブ馬の宿命と言えるものです。もう一度立て直して秋に元気な姿を見せて欲しいです。今、旬のハーツ産駒ですし、能力はあると思います。

 残念な結果しか出ていないのが、牡馬2頭!
ロードスパークは、まだ諦めていませんが、きちんと調教を重ねて気性がもう少し大人にならないと厳しいかも。とにかくレースで勝ち負けになるようなタイムが調教で出ないとダメです。携わる人たちに勝ち上がらせるには何が足りなくてその為にはどうするべきかというものが見えないのが残念です。なんとか、1勝して欲しいです。もっと上を目指せる仔だと思います。

最後にゾネブルム。なかなか入厩できず、腰フラ疑惑まで囁かれて、やっとデビュー出来ました。以後4戦して最高13着、初体験のタイムオーバー有りで散々な結果。あの馬体でどうして?という思いです。ついにはまたまた初体験の転厩!しかも障害転向含みだそうです。障害練習で腰に力がついてくれれば良いですが、もともと見た目と違ってパワー不足なので、障害は?と思います。この転向で引退は無くなりますが。 

 以上、競馬歴13年度を現在振り返って11年産馬の成績とその感想です。次回は14年度の目標を書き残しておこうと思います。




日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。