どうなる?私の一口馬主放浪記

本ブログの画像や情報は東京TC、G1サラブレッドクラブ、ロードTO、ノルマンディーOC、グリーンF愛馬会、シルクHCの同意をえて掲載させていただいております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

さあ、リヴェールの出番だ!

 オークスが終わり、ダービー週になります。

期待していたハープスターが届かないという結果については残念ですが、あの脚質では起こりえる結果とも考えて自分を納得させています。昔好きだったミスターシービーも3冠馬になりましたが、その脚質ゆえにシンボリルドルフには勝てなかった。やはり展開に左右される追い込みは、ルドルフのような好位差しには敵わないという現実を若いころに見せつけられてシービー好きの自分は悔しい思いをしたことを思い出します。
 今日のオークスのハープスターの敗因として考えられるのは、展開が向かなくて届かなかったのか、それともそもそも距離に問題があったのではないかという点です。シービーもディープも3冠馬ですから、ダービーの2400mは勿論、菊花賞の3000mでも後方一気の追い込みで勝ちました。シービーの場合は、伝説の3コーナーからの捲りですが。距離が伸びてもその差し脚は鈍らなかった。体調万全と言われたハープですから、川田騎手はあの位置からでも差し切れると考えて乗ったことでしょう。自分の見立てはハープの本質はマイラーです。あの豪脚はやっぱりマイラーのものだったかと、ちょっと残念ですが。細かいことは、これから情報が出てくるでしょう。

 ダービーはリヴェールに是非頑張ってもらって、ウオッカ以来の偉業を達成して欲しいです。牡馬相手に楽ではないのは承知の上で、ハープの分まで根性見せて、その芯の強さを、センスの良さを、末脚の確かさをアピールしてきて欲しい。

 ダービー当日はテレビでの応援になりますが、代わりにTOKIOが行くらしいのでやっぱりリヴェールが勝つ!(オカルト)
スポンサーサイト
レッドリヴェール | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。